2012年06月06日

本日は「金星の太陽面通過」の日

本日は、21世紀では最後の「金星の太陽面通過」の日でした。次回は105年後、2117年12月11日まで起こらないとのことなので、今、世界に生きている人々にとって、おそらく人生最後の観望チャンスでしたあせあせ(飛び散る汗)

私も是非、この目で見てみたいと、早めに起きて準備していたのですが、群馬県地方は無情にも小雨の天気で見るべくもありませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

しかたないので、ネット上のUstreamで観賞することにしました。
これが、その映像です。

s_kinnsei5.png

s_kinnsei3.png

見ると分かりますが、太陽に比べて金星のなんと小さなことかたらーっ(汗)
地球も金星とほぼ同じ大きさですので、「地球もあの程度の大きさかぁ」と、感慨深いものがあり、宇宙の神秘を垣間見たような気になりましたグッド(上向き矢印)

実は私の、西洋占星術で言うところの支配星が金星なので、今回のこのイベントによって何かいいことが起こるのではないかと、多分に期待しているのです。

金星といえば「愛と美の女神・ヴィーナス」の象徴ですので、私のみならず、世界にとっても何か吉兆であればいいなと思った次第です揺れるハート


応援クリックお願いします
タグ:日記 天文
posted by 田島明徳 at 17:58| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]