2012年06月16日

「命理擬人法」について

私の所属している四柱推命の流派に、「命理擬人法」という鑑定方法があります。
これは、会社・組織や、あるいは物事の起きたその年月日時を、人の生年月日時と同じように当てはめ命式を出し、鑑定するという方法です。

これによると、「平成」という元号は1989年1月8日から施行されましたから、「平成・日本」の命式は次のようになります。

s_2011_meishiki.png

一つ目の特徴としては、日柱の十二運が「冠帯」と旺相し、運気の発展が期待できるのですが、日支と年支が”辰−辰”の自刑の関係となっていますので、あまり良くないです。

二つ目の特徴としては、五行図の方を見ていただけると分かりますが、「土」の五行に、非常に星が固まっていることです。
星3個で飽和状態と見ますから、5個は多過ぎです。

ちなみに、上図は昨年(平成23年)の命式を出したものですが、大運が「印綬・沐浴」、流年が「傷官・沐浴」、実はここには出ていませんが3月の流月も「傷官・沐浴」でした。
”荒れる運”である「沐浴」が3つも重なって出ていることから、「東日本大震災」を暗示していたものと思われます。

ですので、この「命理擬人法」ですが結構、使えるようです。
さて、下図は今年の「平成・日本」の命式を出したものです。

s_2012_meishiki.png

流年が「偏財・冠帯」となり、五行図では「土」の五行の星が一つ増えて6個となりました。
「土」の五行は、財星である「水」を非常に大きな力で尅しますので、これは財星の象意である”金運・経済力”にかなりダメージを与えるのではないかと思われます。
(五行図の見方は四柱推命占い 明徳舎のホームページを参照して下さい。)

実際問題として、”日本の借金”の数字は毎年増え続け、現在900兆円を突破しています。
これらが、表面化してくる可能性も十分考えられるのではないかと思います。

ですので私たちも、何か対応を考えなければいけない時かも知れません。


応援クリックお願いします
posted by 田島明徳 at 21:43| Comment(0) | 四柱推命
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]