2012年10月06日

キンモクセイが香り始めました

ここ群馬県南部地方も、ようやく猛暑も収まり、日中散歩をしても気持ちいいような天候になってきましたるんるん

それに伴い毎年、秋の季節の到来を告げるような”キンモクセイの香り”がし始めて来たようなので、近所の公園に見に行ってみました。

s_0299.png

道すがら、もうじき稲刈り前の田んぼで、コンバインが入りやすいように畦の草刈作業をしている光景を見ました。
”実りの秋”の到来ですね。

s_0303.png

公園に到着すると、花壇に色とりどりの花が咲いていました。

s_0314.png

さて、お目当てのキンモクセイを探して見てみると、花はまだほとんど咲いていませんでした。

s_0319.png

まだ一分咲きとも、言えない位です。
それでも、匂いを感知できた自分の嗅覚はかなり優秀だなと、我ながら感心しましたわーい(嬉しい顔)

s_0332.png

歩道沿いには、白色の八重のムクゲの花がちょうど咲き誇っていて綺麗でした。


そういえば先日、季節の移り変わりに関して、ちょっと驚きのニュースを発見しましたexclamation

「猛暑から厳冬へ」
http://www.y-asakawa.com/Message2012-2/12-message99.htm

s_n_america.png

この夏アメリカは3000ヶ所以上で史上最高気温を記録、25州で8000万人の人々が連日40度を超す信じ難い暑さに見舞われました。

中でも、コロラド州の東に位置する中西部のビルシティでは7月28日になんと46度という、信じ難い異常高温を記録するところとなりました。

米国各地で発生した異常事態。
あまりの暑さに道路がめくれ上がって走行して来た車が空中高く飛び上がり、鉄道の線路はくねくね曲がって列車が脱線、空港では旅客機のタイヤが滑走路の中に食い込みました。

さらには、畜牛約4000頭が死亡、魚の大量死、旱魃でトウモロコシ・大豆が壊滅的な打撃を受けるなどの甚大な被害がありました。

しかし、ここに来て様相は一変、北から寒気団が南下して一気に気温が低下、例年にない早い冬が訪れようとしているようです。

中でも大統領選挙のテレビ討論会が行われいるデンパーでは、今週のはじめまでは30度近い夏日が続いていましたが、昨日辺りから一気に気温が下がり、 週末には最高気温7度、最低気温は氷点下となり、降雪までが予想されているそうです。

この調子では、米国北部一帯は猛暑の夏から秋を素通りして、一気に厳冬になりそうとのこと・・・。


今後、世界の気象は”春と秋”が無くなったような、非常に極端なものに変わって行くのかもしれませんたらーっ(汗)

これは取りも直さず、この地球上の生存にとって快適な領域がどんどん損なわれつつあることを意味しています。

残念ながらそれだけ、現代人の”徳”が減少して来ているということかも知れませんね。

一日一回「ポチッとな」
posted by 田島明徳 at 23:03| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
ブログ読ませてもらいました。私もキンモクセイ大好きです。暑くもなく寒くもなく爽やかな季節です。秋がきたのかな??

それと、四柱推命私も占いをしたのですがズバリ当たりました。友達との相性まで・・・これからもブログ読ませてもらいます。
Posted by とよっち at 2012年10月15日 21:58
とよっちさん、いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
暑くもなく寒くもない爽やかな季節は、ありがたいですよね(^^)
猛暑からいきなり厳冬になるような異常気象が、当たり前にならないように願いたいものです。
Posted by 田島明徳 at 2012年10月16日 01:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]