2012年10月21日

「杞憂」

s_036.png

周の時代、現在の河南省杞県に杞(き)という国がありました。

杞は小国ではありましたが、古い家系の格式ある国でした。
というのも、周の武王が殷(いん)を滅ぼしたときに、かつての夏(か)王朝の聖王・禹(う)の子孫である東楼公(とうろうこう)を君主として封(ほう)じ、禹の祭事を継承させたという来歴を持っていたのです。

その「杞」の国に妙に心配性の人間がいました。

その男は、もし天が落ち、地が崩れたら身の置き所がなくなるだろうと心配して、夜も眠れず食べ物ものどに通らないという有様でしたふらふら

そんな男を見かねた友人が、その男に諭して言い聞かせるに、
「いいかい、天というものは気の積みかさなったものであるに過ぎない。気はどこにでもあるものだ。体を曲げたり伸ばしたり、呼吸したりを一日中この気の積み重なった天の中でやっているではないか。どうしてその天が落ちてくるなどと心配するんだ?」

すると心配性の男は、
「天が本当に気の積み重なったものなら、太陽や月や星も当然落ちてきたりするだろう?」

友人は男にまた諭して曰く、
「太陽や月や星も同様に気が積み重なったもので、その中の輝きをもったものに過ぎないのだ。だからもし落ちてきたとしても、あたって人に怪我をさせるというようなことはできないのだ。」

男はさらに言います。
「じゃあ、地が崩れるのはどうしようか?」

友人はまた答えます。
「地というものはな、土の積み重なったものに過ぎなくて、しかも四方にみっちりとふさがっていて、どこにでもあるものだ。歩いたり踏みつけたり、一日中その地の上で行っているではないか。どうしてその地が崩れたりするなどと心配するんだ?」

それを聞いた心配性の男は、納得して大いに喜びました。
友人もそれを見て大いに喜んだそうでするんるん


この故事成語の「杞憂(きゆう)」とは、「無用の心配をすること・取り越し苦労をすること」を意味し、「杞人の憂い」とか「杞人天を憂う」などとも言います。

当時、周の武王はこの「杞」の国のほかにも、同様に微子(びし)という人物を「宋」の国に封じて先祖の祭祀を継がせていました。

つまり、周王朝の人々から見れば「杞」も「宋」も敗戦者の国・遺民の国として侮蔑的に考えられていて、その国人を愚人扱いした話が多く、この「杞憂」の話もそのうちの一つのようですふらふら

「天地が崩れるだの崩れないだの心配するのは余りにも先の心配をし過ぎると言わねばならないが、同時に崩れないと断言することも正しいことではない。
天地が崩れようと、何しようとそんなことに心を乱されない無心の境地が大切なのだ」
というのが、このお話に対する列子(老子の後継者)の言葉となっています。


この話を聞いて思い出したのが、2009年の末に公開されたハリウッド映画の「2012」です。

この映画では、太陽ニュートリノが変異し、地球のコアを過熱晴れ
やがてその熱で緩んだ地殻が一気に崩壊をはじめ、わずか3日で地表のすべてが海中に没するという設定で、地震・地割れ・噴火・津波・洪水などの天変地異が荒れ狂う様子が描かれました。

このイメージの元になったのは2012年12月21日をもって終焉している「マヤ暦」です(ちょうどあと2ヶ月ですね)たらーっ(汗)
これがあたかも「人類最期の日・人類の滅亡の日」と関連付けられた訳です。

古代マヤ文明は、非常に高度な天体観測技術を持っており、また現代のものとほとんど遜色ない精密な暦を使用していたことでも知られています。
そのマヤ暦のひとつの枠組みが長期暦で、「マヤの大周期」あるいは「13バクトゥン」と呼ばれる約5125年間の時間の枠組みがあります。

これが、紀元前3114年8月13日にはじまり、2012年12月21日で終わっているということになります。

ですので、古代マヤ人が使っていた長期暦の区切りがちょうど2012年であったということが言えるようです。
つまり見方を変えれば、次の新しい長期暦が始まるということが答えのようです。


マヤの長老、カオロス・バリオス氏は映画公開当時、インタビューを通じて次のようなメッセージを発信し、自重を促されています。

『近頃公開された「2012」の映画からマヤ暦とマヤ文明を誤解される事を大変憂いている。このように人々に恐怖と心配の種をまいたことは残念である。「第一に、マヤ暦の終わりが世界の終わりではない」ことを強調したい。2012年12月21日という特定の日に何かが起こるというわけではまったくない。12月21日は19日や22日となんら変わらない普通の日として過ぎるであろう。マヤ暦が終了しても、世界はそのまま続いて行くしわれわれの生活も続いて行く。

しかしながら、これまでとは少し違った基盤になるという事です。

マヤ暦の終了日が表しているのは、変化が集中して起きる特定の日ではなく、変化が現れる全体の期間を指し示しているに過ぎない。この変化の期間は、人類が調和を失ったとして創造主からの懲罰を受けるということでもない。人間が精神的な成熟過程に入るために、これまでの生き方の方向を転換することが迫られるだけである。

人間には運命を自ら変える力が備わっている。未来の選択はわれわれ自身の手にゆだねられている。』


2012年12月21日はちょうど”冬至”にあたります。
四柱推命的には冬至の頃から徐々に、明年の運気に移行して行くと見ることができますし、流派によっては、冬至を年の区切りにしているところもあります。
ですので、マヤ暦が次に暦に切り替わるというのも、タイミング的には合っているような気がします。

確かに近年、黒点発生周期に異常が見られたり、巨大フレアの発生等、太陽活動に異変が生じていますし、地震や火山噴火・異常気象などの災害リスクが高まってきているのも事実です。

しかし、2012年12月21日が「人類の滅亡の日」というのは将に”杞憂”に終わって欲しいものだと思います。

与えよ、さらば与えられん
posted by 田島明徳 at 19:21| Comment(0) | 故事成語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]