2013年01月01日

2013年、明けましておめでとうございます

s2_omi01.png



新年明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご愛顧をいただき、誠にありがとうございました。

本年も、皆様のさらなる発展、あるいは問題解決の為に、お役に立てるよう努力して参りますので、よろしくお願い致します。



ここで一つご注意いただきたいのが、四柱推命など中国を起源とする占いでは、立春(2月4日頃)をもって新年としていることです。

ですので、人間の運勢の転換点はあと一ヶ月位先になりますので、お間違えのないように。


しかし、何かしら時間の流れに区切りを付けて、目標・決意を新たにするということは良いことではないかと思いますグッド(上向き矢印)

そこで、私の新年の目標としましては、現在行っている「四柱推命占い」・「手相占い」のより精度を増すということはもとより、”東洋五術”における「卜(ぼく)」と「山(さん)」をより発展させて行き、皆様にご提供することですexclamation


ちなみに”東洋五術”とは以下の五つを言います。

1.命(めい)
人や物事の生年月日から運命を占う。 例…算命学・四柱推命学

2.卜(ぼく)
偶然に現れた事象や数字などから、事柄の吉凶、消長を占う。 例…断易・周易

3.相(そう)
顔かたち、手の形や線、土地や家屋などの事物の形象から占う。 例…手相・人相・家相・姓名判断

4.医(い)
東洋医学のことで、脈や顔色など、人体からの様々なメッセージを勘案し、病気を特定し、その原因や推移、治療法を判断する。 例…漢方薬・鍼灸

5.山(さん)
仙道修行や養生法などによって、『気』を自らの修練によって、プラスのものに変容させるための術。生まれながらの宿命がどうであれ、運命そのものを能動的に転換することを目的とする。 例…気功・ヨガ


どうぞ、ご期待下さいわーい(嬉しい顔)

一日一回「ポチッとな」
明徳舎のホームページへ
タグ:日記 ご挨拶
posted by 田島明徳 at 14:53| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]