2013年02月04日

「動物占い」に関して

s_016502.png

本日は”立春”ですねグッド(上向き矢印)

「四柱推命学」を初めとした東洋占術のほとんどはこの”立春”をもって新年としています。ですので、本日より「癸巳」年となります。

しかし、1月に入ってから明け年の運気に徐々に移行していたのは、敏感な人ならば感じ取れていたのではないでしょうか?

本日より、どんどんと明け年の運気に移行していくスピードは速まって行くものと思われますので、よろしくお願いします。



話は変わりますが「動物占い」については、きっとあなたもご存知のことでしょうグッド(上向き矢印)

「動物占い」は1997年頃から、ちまたに広まっているマスコット占いの一種で、これは簡単に言えば、「四柱推命学」で言うところの”日支の十二運”を12のマスコットに当てはめているものです。

1999年〜2000年がブームのピークかと思われますが、昨今では婚活サイトの相性診断等にも利用されているようですねわーい(嬉しい顔)

また、マスコット化してありますので、非常に親しみやすいものになっています。その動物化することによる「分かりやすさ」と「親しみやすさ」が流行した理由ではないかと思われます。

この動物占いは、高橋伸宏氏が四柱推命学や算命学などの陰陽五行と干支を用いた占術に、社会心理学・行動心理学的手法による解析を加えて体系化したもので、1997年に完成させています。

また、このブームにのって類似のマスコット占いが続々と出現して世を賑わしています。(例、寿司占い・家電占い・害虫占いetc.)

従来の難しい用語を駆使する占いよりも、マスコット化・キャラクター化することによって、より一般に親しみやすいものになっていることがポイントです。

これらの占いの他にも、「四柱推命学」を参考にしてその表現や用語を言い換えたり、別の星の名称を当てはめたりした占いは、数多くありますので、そんなところにも「占いの王様」と言われる所以があるのかもしれませんねグッド(上向き矢印)


12のマスコット名と”日支の十二運”との関係
doubutu.PNG
※尚、「動物占い」は、商標登録されています。


ちなみにわたしは”ひつじ”となりましたわーい(嬉しい顔)

s_004344.png

あなたは何ですか?
四柱推命無料鑑定プログラムはこちら。)

一日一回「ポチッとな」
明徳舎のホームページへ
posted by 田島明徳 at 00:49| Comment(2) | 占い全般
この記事へのコメント
先日は、鑑定ありがとうございました。
待ちに待った2月3日を迎え、更にワクワクです。
昔動物占い当たるなとおもっていましたが
四柱推命も用いてるのは知らなかった!なるほどですね。
ちなみに、私はペガサス!

また鑑定よろしくお願いします。
Posted by ひまわり at 2013年02月06日 13:15
ひまわりさん、先日は鑑定をご利用頂き、ありがとうございました。

”ペガサス”ですか(^^)
これには”空前絶後”という意味合いもありますから、天才的な能力を持っている人が多いものです。
是非とも、頑張って下さい。

またのご利用を、お待ちしています(^o^)/
Posted by 田島明徳 at 2013年02月07日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]