2013年07月14日

「朝三暮四」

s_sansaru.png

宋(そう)の国の狙公(そこう)は、たくさんの猿を飼っていました。
狙公と猿はお互いのことをよく分かって信頼していましたグッド(上向き矢印)

狙公は、家族を追い出してまで猿を可愛がり、欲しがるものは何でも与えていましたが、可愛がり過ぎるあまりに財産が無くなって、とうとう貧乏になってしまいましたバッド(下向き矢印)

どうしようも無くなったので、仕方なく猿の食事量を減らすことにしました。
ただ、猿たちに嫌われたくないので猿たちをちょっとだますことにしました。

ある朝、お腹がすいている猿の前で、狙公が「おまえたちの食事のことだが、今から食べる朝食はドングリを3つに減らそうと思う。そして、夜は4つにしよう。」と言いました。

それを聞いた猿たちは、「なぜこんなにお腹が減っているのに3つなんだ!」と、立ち上がって怒り出しましたどんっ(衝撃)

それを見た狙公は、「わかった、わかった!私が悪かった。じゃあ、お腹がすいている君たちのために、やっぱり4つに増やすことにするよ。そのかわり、夜は3つになってしまうが、それでいいかな?」と言いました。

今のことしか考えられない猿たちは、自分たちの気持ちを理解して朝食を増やしてくれた狙公にひれ伏して感謝した、とのことですたらーっ(汗)


この『朝三暮四(ちょうさんぼし)』という故事成語は、猿たちが、朝三暮四も朝四暮三も実質は同じであることに気付かず、朝三には怒り、朝四には喜んだということから、「目先の違いにとらわれて、全体のことに気づかないこと」や、「知恵のある人が、知恵のない人を丸め込むこと」を意味しています。


それに関連してということではないのですが、現在、第23回参議院議員選挙の真っ最中です(7月21日投票)。

向こう3年間は、通常の国政選挙は行われない可能性が高いので、まさに今回の参院選挙が日本の未来を決定する「分水嶺」と言っても、過言ではないでしょうexclamation

マスコミ報道では、今回の選挙の争点は「景気」と「ねじれ」であると盛んに吹聴していますが、実際には、「原発」「憲法」「TPP」「消費税」「沖縄」など、より重要な争点は多数存在しています。

また、「アベノミクス」とやらの造語で盛んに現政権の経済的成果を強調していますが、その後の、「消費税増税」「インフレ懸念」「格差拡大」などには一切触れられていません。


以上のような事柄を、総合的・長期的な視点で判断しないと、この故事成語の由来となった猿たちと同様なことになってしまいかねませんバッド(下向き矢印)

私たちは、“猿”よりも智恵のある“人間”ですから、是非とも賢明な選択をしたいものですグッド(上向き矢印)
日本の未来の世代のためにも・・・。

あなたのクリックが励みです
明徳舎のホームページへ
posted by 田島明徳 at 20:38| Comment(2) | 故事成語
この記事へのコメント
実力の無い政党・政治家に、選挙のたびに掲げるマニフェストで期待させられたのは - - - - 悔しいですが、まさに朝三暮四の故事が当てはまりますね(>_<)
特に原発問題では、核廃棄物など未来の子供達に凄く迷惑かけるので、よく考えていきたいです。
Posted by どらえもん at 2013年09月27日 23:41
どらえもんさん、コメント頂きありがとうございます。

そうですね、目先の利益にとらわれることなく、未来を見据えて判断していくことが大切だと思います。

明るい未来を築いて行くためには、“我よし”“今よし”の思考形態から脱却しなければなりません。
Posted by 田島明徳 at 2013年09月28日 00:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]