2013年03月05日

手相鑑定していて思ったこと

s_tesou.png


週に一度、土曜か日曜日に「けやきウォーク前橋」というショッピングモール内で、四柱推命と手相による対面鑑定をさせて頂いています。

過去記事:対面鑑定inけやきウォーク前橋

先日の日曜日も出てきたのですが、フィリピーナの女性3名とそのご家族の来訪を受けました。
子供たちはまだ2〜3歳位で小さく、5人位居ましたから、それはそれは賑やかなものでしたふらふら

彼女たちは、日本人の男性と結婚し子供ももうけていますから(バツイチの女性も)、現在の国籍は多分「日本」なんだろうと思われます。

その中の一人の女性が特に占い好きらしく、何度かこのブースを訪れてくれたことがあるそうです。
彼女たちの手相と四柱推命命式を看させて頂きましたが、この女性が他の2名様に時折、私の説明を英語で通訳してくれたのは助かりましたあせあせ(飛び散る汗)


そして、手相を看ていて気付いたのは、すべての女性にしっかりとした「運命線」が刻まれていることでしたグッド(上向き矢印)

「運命線」とは中指に入っていく縦線のことで”どれだけ社会的に活躍できるか”を表しますから、おおむね”仕事運”を表すと見ていいと思います。
あるいは、”人生に目的を持ち、一つのことに頑張っている”ことも表します。

また、「運命線」が確りしている方の四柱命式には「官星」が出ていることが多いものです。
ですので、女性にこれだけしっかりとした「運命線」が出ているのは珍しいことです。

さらには、小さな男の子が盛んに手を差し出すので、サービスでちょっとだけ手相を看てやったのですが、やはり確りとした「運命線」が刻まれていたので、これにはちょっと驚きましたexclamation


それに引き換えと言っては何なのですが、日本人の若者(男女とも)の手相を看ていると、かなりの確率で「生命線」「知能線」「感情線」といった主要な線が薄く、網の目のような雑線が多数でているのに出くわすことがあります。

このような手相は、”生活には困らないけれども、神経質で、周囲に支配される傾向がある”あるいは、”知能の働きが鈍く、怠惰で何をなすでもなく日々を送っている”という風に看ることができます。

もともと、仕事をするために母国を離れ、日本にやって来た彼女たちですから、「運命線」がしっかり刻まれているのは、ある意味当たり前と言えば当たり前なのですが、ちょっと”民族の盛衰”みたいなものを見てしまったような気がしたのでしたふらふら


通訳を務めてくれた彼女は、お金を稼いで将来的にはフィリピンの子供たちのためのチャリティーをするのが”夢”だそうですグッド(上向き矢印)
そういった”夢”のあるなしが、手相にも表れるのでしょうか?

与えよ、さらば与えられん
明徳舎のホームページへ
タグ:占い 手相
posted by 田島明徳 at 01:01| Comment(0) | 日記

2013年01月01日

2013年、明けましておめでとうございます

s2_omi01.png



新年明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご愛顧をいただき、誠にありがとうございました。

本年も、皆様のさらなる発展、あるいは問題解決の為に、お役に立てるよう努力して参りますので、よろしくお願い致します。



ここで一つご注意いただきたいのが、四柱推命など中国を起源とする占いでは、立春(2月4日頃)をもって新年としていることです。

ですので、人間の運勢の転換点はあと一ヶ月位先になりますので、お間違えのないように。


しかし、何かしら時間の流れに区切りを付けて、目標・決意を新たにするということは良いことではないかと思いますグッド(上向き矢印)

そこで、私の新年の目標としましては、現在行っている「四柱推命占い」・「手相占い」のより精度を増すということはもとより、”東洋五術”における「卜(ぼく)」と「山(さん)」をより発展させて行き、皆様にご提供することですexclamation


ちなみに”東洋五術”とは以下の五つを言います。

1.命(めい)
人や物事の生年月日から運命を占う。 例…算命学・四柱推命学

2.卜(ぼく)
偶然に現れた事象や数字などから、事柄の吉凶、消長を占う。 例…断易・周易

3.相(そう)
顔かたち、手の形や線、土地や家屋などの事物の形象から占う。 例…手相・人相・家相・姓名判断

4.医(い)
東洋医学のことで、脈や顔色など、人体からの様々なメッセージを勘案し、病気を特定し、その原因や推移、治療法を判断する。 例…漢方薬・鍼灸

5.山(さん)
仙道修行や養生法などによって、『気』を自らの修練によって、プラスのものに変容させるための術。生まれながらの宿命がどうであれ、運命そのものを能動的に転換することを目的とする。 例…気功・ヨガ


どうぞ、ご期待下さいわーい(嬉しい顔)

一日一回「ポチッとな」
明徳舎のホームページへ
タグ:日記 ご挨拶
posted by 田島明徳 at 14:53| Comment(0) | 日記

2012年12月22日

昨日は「マヤ暦」終焉の日

s_0373.png

2ヶ月前にも「杞憂」という記事でエントリーしましたが、昨日12月21日は2012年の冬至であるとともに、マヤ暦の約5125年間およぶ長期暦が終焉を迎える日でもありました。
実際ニュースによると、人類が滅亡するといううわさで、海外では騒然としたところもあったようですふらふら

私も、日本時間で20時11分に天の川銀河の中心と太陽と地球が一直線に整列するという情報を得たので、その時間には特に注意を払っていましたが、何事も起こらなかったようですね。ひとまず、ホッとしましたわーい(嬉しい顔)


しかしながら、そう安心してばかりもいられないようです。

東洋の占いの世界では元来、天災が多いのは”陰水の時”とされています。
即ち、天干では「癸」、地支では「亥」がそれに当ります。
来年の干支は「癸巳」ですので、まさに当てはまっていますたらーっ(汗)

私が所属している「安田流五行推命」を興された安田靖先生が師事していた初代・高木乗 師がかつて、関東大震災を予言されたことがあったのですが、やはり「癸亥」の年であったことが決め手となったようです。

この時、高木乗 師は干支だけではなく、梅花易でも占っていたようですが、9月初めに大地震があるとまで、予言して話題となりました。

また、後年に起きた阪神淡路大震災も「乙亥」で亥の年でした。
(人の運気を見る時は、立春を以って一年の初めとしますが、自然現象では、冬至からその年の運気に入っていると見ています。)


さらには、来年は九星気学でいうところの「五黄土星」の年でもあります。

もともと「五黄土星」には”地震”の象意がありますし、日清・日露の命運を分けた戦争、第一次世界大戦、関東大震災や世界的不況、日支事変、第二次世界大戦、韓国動乱などの戦争・天災はみな、「五黄土星」の年に発生していますので、いかにこの星が強力な力を持っているかを示しています。


また、「癸」は「甲」から数えて最後の干となり、一つの時代が終わって、新しい時代が始まることをも暗示していますグッド(上向き矢印)
これはまさに、マヤ暦の約5125年間およぶ長期暦が終焉し、新しい時代が始まることとも一致していますね。


以上のようなことから、今年・来年中はできる限りの注意を払い、個人・家族等で可能な範囲での準備をされておくことが賢明ではないかと思います。

与えよ、さらば与えられん
タグ:日記 マヤ暦
posted by 田島明徳 at 20:26| Comment(0) | 日記

2012年12月03日

「いせさきイルミネーション・ナイト2012」に行って来ました

夜間、車で外出すると、何やら近所の公園がいつもより華やいでいる様子ぴかぴか(新しい)
どうやら、ここ数年恒例になっている12月のイルミネーションが始まったようです。

ネットで確認してみたところ、ちょうど12月1日から一般公開が始まった模様。
「いせさきイルミネーション・ナイト2012」のHPはこちら。)
早速、ウォーキングがてら行って見ることにしましたグッド(上向き矢印)


波志江沼は、古くから伊勢崎市北部の農地の灌漑を担ってきた溜池で、伊勢崎市内最大の面積を誇る沼です。
この沼は上沼(うわぬま)と下沼(したぬま)からなり、以前は鯉の養殖も行われていましたが、現在は行われていません。

5年程前に、沼の周囲が「波志江沼環境ふれあい公園」として整備され、2008年には全国都市緑化ぐんまフェアの伊勢崎会場としてイベントが催されるなど、伊勢崎市の観光拠点のひとつとなりました。
(この際、沼を横断する約140mという園路橋もできました。)

この「いせさきイルミネーション・ナイト」も今年で第三回となるようで、いせさきイルミネーション実行委員会と、伊勢崎市の企業・市民ボランティアの協力で成り立っているとの事です。
ご苦労に、感謝致します。

CIMG0264.JPG

日没前の普段の景色はこのようなものですが・・・。

CIMG0355.JPG

イルミネーションが始まるとこのようになります。

CIMG0368.JPG

入場ゲートです。
協賛金として、¥100〜/一人(中学生以上の方)を渡して入場します。

CIMG0359.JPG

そうすると、狛犬ならぬスノーマンを左右に配した階段上には、伊勢崎市の文化財である「旧時報鐘楼」を模したイルミネーションがあります。

CIMG0343.JPG

園路橋のたもとから、対岸の広場を見てみました。

CIMG0341.JPG

橋の中央部には「幸せの鐘」があり、鳴らすと幸せになれるとのこと。
ひっきりなしに、鳴っていましたよムード

CIMG0331.JPG

対岸の広場です。イルカのオブジェが、水面にも映っているのが幻想的でした。
伊勢崎市の象徴でもある、「華蔵寺公園の観覧車」のイルミネーションもあります。

CIMG0288.JPG

早くも、こういった時節となりましたねあせあせ(飛び散る汗)

CIMG0296.JPG

高さが20mある、大ツリーです。

CIMG0305.JPG

おでん・ラーメン等、冷えた体が温まりそうな物を売っている露店が出ていましたよ。
ここのところ、日没後は本当に冷えますふらふら

CIMG0312.JPG

いせさき名物「じんじゃコロッケ」の人気が一番高いようでしたわーい(嬉しい顔)


この「いせさきイルミネーション・ナイト2012」は、12月1日(土)〜25日(火)までPM4:30〜PM9:30の期間で実施されています。
無料駐車場がありますが、土日は混雑するようです。

日没後は、かなり冷えますので暖かい服装で、お出掛け下さい。

あなたのクリックが励みです
posted by 田島明徳 at 00:59| Comment(0) | 日記

2012年11月10日

赤堀・小菊の里に行って来ました

以前エントリーしたこともある、前橋市の大室公園に運動しに出掛けたところ、近所の畑に小菊がきれいに咲いているのを目にしました。

それで思い出したのが、ここからそれ程遠くない、我が伊勢崎市の赤堀にある「小菊の里」です。
何度か行ったことがあるのですが、これがなかなか規模が大きく壮観なのですグッド(上向き矢印)
色とりどりの小菊が、ちょうど見頃なのではないかと思い、帰りに寄ってみることにしました。

駐車場は、「小菊の里」の近くにある”カリビアンビーチ”という温水プールの駐車場が臨時で使用できるようになっていました(無料)。
ただ、歩いて5分位掛かる距離がありますがたらーっ(汗)

s_0458.png

”カリビアンビーチ”は桐生市清掃センターに併設された施設で、ゴミの焼却熱を利用した温水プールを一年中営業しています。
私は利用したことがありませんが、確か知り合いが年間パスポートを購入したとか言っていました。
もっとも、サウナとジャグジーを主に利用するらしいですが・・・。

s_0391.png

臨時駐車場から歩いていくと、「小菊の里」の上部に行くほうが近かったので、まずはそちらから見て歩くことにしました。
風が強かったですが、空気が澄んでいたので遠くまで見渡せました。

s_0386.png

すると何やら怪しげな”練功”の集団(?)に出会いました。

s_0393.png

と思いきや、ただの創作案山子(かかし)でしたわーい(嬉しい顔)
ぱっと見、見物客と見分けが付きませんね。

s_0412.png

赤城山の山麓も近くに見ることが出来ます。

s_0439.png

見物しながら歩いて降りて行き、「小菊の里」下部から見上げてみた景色です。
菊としてはポピュラーな黄色の花が、一番色鮮やかに映えていましたぴかぴか(新しい)

s_0445.png

鉢植えの販売もやっていました。
お値段の方は、¥1,000〜2,000位でしたよ。

s_0432.png

出店も出ていました。
どうも見た感じ赤堀花しょうぶ園に出ていた出店と一緒のようですわーい(嬉しい顔)

家に帰ってから伊勢崎市観光協会HPを確認してみたところ、「小菊の里」の開園期間は本来10月14日(日)〜11月4日(日)でしたが、11月16日(金)まで延長になったそうです〔小菊の販売は11月11日(日)まで〕。
今年は残暑が厳しかったから、開花時期がずれ込んだのかも知れませんね。

私の印象としては、今がちょうど見頃と思いますグッド(上向き矢印)
是非、お近くの方は出掛けて見られてはいかがでしょうか?

一日一回「ポチッとな」
posted by 田島明徳 at 21:43| Comment(0) | 日記